サービス案内

お見積もり・ご相談はお気軽に!フリーダイアル0120-46-2637
お問い合わせメールフォーム

営業エリア

長岡市・新潟市・魚沼市・上越市を
はじめとする、新潟県全域に対応
しております。

加盟団体

寒い地域ならではの「凍害」とは?

外壁は、経年や自然災害だけで劣化しない場合もあることをご存知でしょうか?特に寒い地域にお住まいの方は、凍害に注意することが大切です。凍害とは何か、ここでは寒い地域ならではの凍害が起こるメカニズムや対処法をご紹介いたします。

凍害とは何?

凍害とは何?

凍害という建物に起こる被害のことをご存知でしょうか?寒い地域にお住まいの方なら、一度は聞いたことがあるかもしれませんが、実際はどのようなものなのか詳しいことは知らないという方も少なくないでしょう。

凍害とは、北海道や東北・北陸地方など、冬場の気温の平均が氷点下3℃から0度になる、寒さが厳しい地域に起こりやすい建物の劣化症状です。冬の厳寒期においては、関東以南でも発生する可能性もあります。凍害が発生しやすいのは、水回りに面している外壁やアルミサッシ付近などの、湿気がたまりやすい場所や水が浸入しやすい箇所です。

具体的には、コンクリートなどの外壁がぽろぽろと剥がれ落ちてきたり、ひび割れたりしてしまう症状が起こります。特に窯業系サイティングやコンクリートの外壁に起きやすいと言われており、先述の地域でこのような素材を使用した外壁の場合は注意が必要です。

凍害が起こるメカニズム

凍害が起こるメカニズム

凍害が起きてしまうメカニズムは、外壁に含まれている水分が関係しています。外壁のコンクリートなどに含まれている水分が、気温の低い時に凍結し、寒さが緩むと融解するということを繰り返していくと水分が膨張します。

そのことにより、コンクリートなどが劣化していき、ひび割れなどの劣化症状が現れます。凍害が起きてしまう理由の1つが経年劣化です。

始めの頃はしっかりと役割を果たしていた外壁も、年数が経つことにより壁に塗った塗膜の効果が失われてきます。塗膜が剥がれてくると、コンクリートなどに水が徐々にしみ込みやすくなり、凍害の原因になる水分をため込んでしまうようになります。

凍害への対処法

凍害への対処法

凍害が発生しないようにするには、水回りや外壁などのこまめな点検などが効果的です。では、もし実際に起こってしまった場合にはどうすれば良いのでしょうか?

凍害の初期状態であれば、ホームセンターなどで補修用のパテを購入し、目立つところを補修したりして対処できます。しかし、症状が進んでいる場合は外、壁の塗り替えや外壁材の張り替えなどの外壁修理が必要です。

長岡にお住まいの方で凍害の被害にお困りの際は、株式会社番場工業所にご相談ください。凍害は寒い時期に起こりやすいため、寒さが厳しくなる初秋頃までには、外壁塗装や外壁材の張り替えなど、何らかの外壁修理を行うのがおすすめです。株式会社番場工業所は、新潟県長岡市で外壁修理・リフォーム・屋根工事など、住まいに関する様々な工事を承っています。長岡で凍害による外壁のひび割れや外壁材の剥がれなどのトラブルにお困りでしたら、お気軽にお問い合わせください。

長岡で外壁修理・リフォームをお考えなら株式会社番場工業所へ

会社名 株式会社 番場工業所
所在地 〒940-2033 新潟県長岡市上除町甲368-2
電話番号 0258-46-2637
フリーダイヤル 0120-46-2637
FAX 0258-46-3168
URL http://www.banba-k.co.jp
説明 長岡市にある番場工業所では、屋根工事・瓦工事・板金工事のプロ集団です。葺き替え、補修、外壁工事、外壁リフォームなど様々な施工を承っております。デザイン面でもプロとして提案型営業を行っておりますので、屋根や外壁などをトータルでデザイン提案させていただいております。全瓦連加盟・日本建築板金協会加盟の専門工事業者ですので、ご安心してご相談ください。

PAGE TOP

フリーダイアル0120-46-2637 お問い合わせメールフォーム

 

PAGE TOP