サービス案内

お見積もり・ご相談はお気軽に!フリーダイアル0120-46-2637
お問い合わせメールフォーム

営業エリア

長岡市・新潟市・魚沼市・上越市を
はじめとする、新潟県全域に対応
しております。

加盟団体

断熱の種類とその特徴

 

屋根の断熱をすると省エネに繋がります。断熱材は暑い夏場の太陽熱を抑え、冷房の効果を良くするだけでなく、冬場は暖房を逃がさないので年間を通して電気料金のコストを抑えることが可能です。

夏場の屋根は高熱をもち、日射熱以外にもこれらの熱が加わります。建物全体の中でも特に屋根から出入りする熱の量は多く、通気が必要となってきます。そのため効果的に屋根や天井を断熱して、年中過ごしやすい快適空間へとリフォームすることをおすすめいたします。

天井断熱と屋根断熱の違い

天井断熱とは

天井材に断熱材を敷き詰めて施工する方法と、吹き込む方法があります。天井面積分だけを断熱しますので、天井裏に冷暖房をする空間が小さくできるので、ランニングコストを抑えられ経済的です。

断熱材を厚くすると、機能を更に高めることができます。

屋根断熱とは

屋根断熱は屋根の形に添って断熱工事をするので、空間を広く使えます。そのため、屋根裏をロフトなどとして使うことも可能ですから、天井が高く開放感があります。夏の暑さ対策としては、一般的に屋根断熱のほうが効果あります。

断熱効果を高めるために

夏場の屋根裏は、暑い時には60度近くに達します。このような高熱では屋根の木材も乾燥してしまい、必要な水分までもが奪われてしまいます。木材の耐久性にも影響が出てくるので、屋根裏を適度に換気することが必要となります。断熱とともに換気機能を設置すると、屋根の耐久性にも繋がります。

 
 

屋根に断熱や換気の機能を付けることは、暑さから逃れ快適に暮らせるだけではなく光熱費を下げ、家を長持ちさせることにも役立ちます。

屋根や外壁工事のことなら弊社に是非お任せください。古くなった屋根や外壁を人気のデザインにリフォームいたします。その他、雨漏り、ソーラー設備工事、壊れた屋根の補修や外壁工事なども、お気軽にお問い合わせください。長岡市を本拠に新潟県内で活動しております。修理などでお困りの際は、弊社へお気軽にお問い合わせください。

 

PAGE TOP

フリーダイアル0120-46-2637 お問い合わせメールフォーム

 

PAGE TOP