お見積もり・ご相談はお気軽に!
お見積もり無料
0120-46-2637

お問い合わせメールフォーム

外装工事での外壁の色選びのポイント

外装工事での外壁の色選びのポイント

外装工事の中のひとつに塗装工事がありますが、塗装工事の中でも外壁塗装は建物印象を左右する大切な工事です。外壁の色選びで失敗しないためにも、予め外壁塗装の色選びのポイントについて知っておくことをおすすめします。

面積効果を考える

面積効果を考える

外壁の色を選ぶ際は色見本カタログを参考にして色を決めていきますが、色見本のカタログで選ぶと実際に仕上がったときの外壁の色がイメージしていたものとは違うということが起こる可能性があります。

このようなことが起きる原因のひとつとして、目の錯覚である「面積効果」が影響している可能性が考えられます。

面積効果とは、同じ色でも小さな面積より大きな面積の方が、色が鮮やかに明るく強調されて見える効果のことです。そのため、外壁という大きな面積で見ると、色見本で確認した色よりも鮮やかで明るく見えることがあるのです。

このような差をなくすためには、色見本の色よりも鮮やかさ・明るさを下げた色になることをイメージして選ぶと良いでしょう。

光源色を意識する

光源色を意識する

色の見え方の違いは面積効果だけではありません。色の見え方は光源色によっても変ってきます。

光源色とは、光の中にどの色の波長が多いのかによって、光自体が赤・青・オレンジなどの色を帯びて見えることです。

太陽の光源色と蛍光灯の光源色は異なるために、同じ色でも屋外と屋内では異なるように見えてしまうことがあります。

そのため、色見本を見て色を選ぶ際には、屋内で確認するだけでなく屋外でも確認すると良いでしょう。
また、屋外で確認する場合には直射日光ではなく、自然に反射した光が当たっている場所で確認してください。

街の景観にも配慮する

色を選ぶ際には人気の色やご自身の好みだけでなく、街や周りの建物などの景観も考慮して選ぶことが大切です。住宅街の場合には周りの建物を参考にすることで、周りの景観に溶け込み自然な仕上がりになることが多いです。

また、周囲に木や植物などが多い場合には、木や植物よりも色を抑えることで緑を目立たせることも可能です。そのため、建物の色や景観を意識しながら一度周辺を見渡してみると良いでしょう。

また、晴れの日や曇りの日などの天候、朝・昼・夜などの時間帯など、シチュエーションを変えて見ることもおすすめです。

弊社では新潟県長岡市を中心に、新潟県内で外装工事を行っております。一戸建てはもちろんのこと、集合住宅や大型施設の外装工事を承っており、住まいの外観・景観を損なわないように、外観全てをトータルでデザインしてご提案・施工いたします。

また、リフォーム工事や屋根工事、雨どい工事なども行っておりますので、長岡市周辺で外壁工事やリフォーム、雨どいの補修などをお考えでしたら弊社にお任せください。

閉じる