お見積もり・ご相談はお気軽に!
お見積もり無料
0120-46-2637

お問い合わせメールフォーム

落雪対策はお早めに

落雪対策はお早めに

落雪によって様々な事故が起こります。ソーラーパネルから雪が落ち隣家に被害を与えたり、車のボンネットをへこませてしまったりするなどの事例もあります。そういった事故を未然に防ぐために、板金工事などを取り入れた落雪防止の対策をとることが必要になってきます。

雪下ろしの際に気をつけること

  • 最悪の事態に備え、2人以上で作業に取り組みましょう。
  • ヘルメットや命綱をつけるなど、安全に配慮して作業を行いましょう。
  • 屋根から雪を大量に落とす時は、人が巻き込まれないか確認して行いましょう。
  • 敷地内の雪を敷地外に運ぶ際には、歩行者や車の通行の支障を考慮して運びましょう。
  • 無理な作業はせず、足場にはいつも注意しましょう。
  • 気温が急上昇した時は、氷柱や屋根の雪が落ちやすくなるので、気をつけましょう。

雪害を対象とした保険

雪による被害が多い地域では知られていることが多いですが、火災保険には雪害に対する補償内容があることをご存知でしょうか。もちろん、火災保険の内容によっては、雪害に対する補償が含まれていないこともありますので、火災保険に加入されている方は現在の保険内容を確認することをおすすめします。また、落雪によって自動車に損害を受けた場合は、自動車保険が適用されます。

落雪による責任

「落雪は自然災害なので、それによる事故は責任を問われない」とお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、その考えは改めることをおすすめします。

建物には所有権があり、建物を所有している方には、建物の安全性を確保する義務があります。これには様々な内容が含まれており、もちろんその中には落雪による損害も含まれます。落雪による安全性の確保は、その地域の降雪量も関わってきますので、一概に十分な安全性を確保しているかどうかについて述べることはできません。

しかし、落雪防止対策を行っておくことには、十分な意味があると言えます。

落雪被害に遭わないようにするためにも、早めの対策をおすすめいたします。

新潟県長岡市に所在する弊社では、人気の落雪防止装置の「ゆきもちくん」の設置による雪止めを行っています。その他にも、屋根工事・板金工事・外壁工事・塗装工事など、様々な工事に対応しています。屋根や瓦、外壁やリフォームなどの補修工事も、是非弊社をご利用ください。

閉じる