お見積もり・ご相談はお気軽に!
お見積もり無料
0120-46-2637

お問い合わせメールフォーム

屋根工事

屋根材の種類について

新築の家も何十年も経てば、いろいろな場所が劣化します。
大切な家を長持ちさせる為にも、定期的にメンテナンスをしましょう。

家のメンテナンスで重要になってくるのが、屋根ではないでしょうか。屋根に使われている屋根材が劣化して塗装の剥がれが目立てば、家の外観を損ない、雨漏りの原因になります。屋根材の劣化が気になり始めたら、早めに葺き替えすることをおすすめします。

屋根の葺き替えといっても、使用する屋根材によって雰囲気が変わります。屋根材には、昔ながらの瓦もあれば、スレート、ガルバリウムなど多くの種類があります。
それぞれ形状や製造方法によって特徴が違うので、目的に適したものを選ぶようにしましょう。

屋根工事なら、是非弊社にお任せください。

弊社は長岡市にある屋根工事、外壁工事、リフォーム工事を手がけている会社です。屋根工事は家の外観を保つために必要なことです。
弊社では全てのメーカーの屋根材を取り扱っており、お客様が大切にしている家の雰囲気を損なわず屋根工事を行います。
ご不明点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

瓦の特徴

日本家屋に似合う屋根材といえば、やはり瓦でしょう。瓦は素材や形状、工法によって特徴と風合いが変わってきます。例えば粘土瓦は日本瓦とも呼ばれており、古くから屋根材として使われています。そして製造方法によって、釉薬瓦といぶし瓦に分類されます。釉薬瓦とは瓦の表面に釉薬を塗りコーティングしたもので、陶器瓦とも呼ばれています。いぶし瓦は、釉薬は使わず瓦を焼いたあとに燻化を行なった瓦です。

スレート・ガルバリウムの特徴

日本瓦と違い薄さが特徴です。スレートには天然石でつくった天然スレート、セメントとパルプなどを混ぜた無石綿スレート、セメントをつかったセメントスレートがあります。瓦よりも耐久性は落ちますが、軽いというメリットがあります。 ガルバリウムはアルミやステンレスなどの金属を使用した屋根材です。耐久性、耐火性に優れていてコストパフォーマンスがよいです。

瓦屋根の魅力

雨風や日差しから家を守る役割を担う屋根。屋根に使用されている屋根材には瓦や、スレートなど様々な種類があります。こちらでは、日本で古くから使われている瓦の魅力について紹介していきます。

昨今では建材によるシックハウス症候群などの健康被害が問題視されていますが、瓦屋根は自然の素材である土を使用しているので安心です。他にも耐震性、耐火性に優れているなど様々な特性を持っている瓦は、快適な住まいに最適な屋根材といえるでしょう。

瓦工事やリフォームをお考えなら、是非、長岡市を拠点に活動を行なっている弊社にご相談ください。弊社は瓦工事や外壁工事、リフォーム工事、補修などを行なっています。
瓦工事は家の外観を保つために欠かせないことです。毎日過ごす家だからこそ、快適な住まいづくりは弊社にお任せください。お客様のお話をお伺いし、予算にあった最適なプランをご提案いたします。

長い歴史がある

瓦は日本でもっとも古い歴史書「日本書紀」にも記述があるほど、長い歴史があります。 長い歴史があるぶん、安心感がありますし何よりも重厚感や独特の美しさがあります。 今では様々な瓦の種類があり、和風はもちろん洋風の家に使用しても違和感がありません。

夏は涼しく冬は暖かい

瓦は熱伝導率が少ないので断熱性があります。また瓦を設置するときは一枚ずつ組み合わせることで隙間ができ、換気が可能になるため通気性に優れています。そのため夏は涼しく冬は暖かく過ごすことができるのです。

雨音が気にならない

屋根は雨の影響をダイレクトに受ける場所です。雨が降るたびに雨音が気になっては、快適な生活が送れません。瓦は吸音率が高く遮音効果が高いので、雨音を気にせずに過ごすことができます。 昼間ならまだしも、夜に雨音がうるさくてはぐっすり眠れなくなります。

葺き替え

屋根の葺き替えといっても、使用する屋根材によって雰囲気が変わります。 屋根材には、昔ながらの瓦もあれば、スレート、ガルバリウムなど多くの種類があります。 それぞれ形状や製造方法によって特徴が違うので、目的に適したものを選ぶようにしましょう。

メンテナンスフリー

瓦の一つに粘土瓦がありますが、経年変化による劣化や色落ちがほとんどないので塗り直す必要がありません。また重さがあり耐久性に優れているので、雨風に強いという特徴があります。

閉じる